手帳型スマホケースが使いにくいと言われる理由とは?デメリットについてご紹介します

「手帳型スマホケースを買いたいが、使いにくいって本当かな?」
「手帳型スマホケースの欠点が知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
保護性が高く、カードが収納できる手帳型スマホケースは、機能が充実していて人気があります。
一方で、使いにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
手帳型スマホケースの購入をご検討されている方は、欠点ついても知っておきたいですよね。
そこで今回は、手帳型スマホケースの欠点について詳しくご紹介します。

□手帳型スマホケースの欠点

*かさばる

手帳型スマホケースは、スマホの表面と裏面を保護しているため、ケース型のタイプに比べるとどうしてもかさばってしまいます。
ポケットにスマホを入れて持ち歩く方は、邪魔に感じるかもしれません。
スマホをかばんに入れることが多い方は、あまり問題がないでしょう。

*使用の都度開ける必要がある

ケースが閉じられているため、操作のたびにケースを開く必要があります。
着信が来た際、閉じたままでは着信先がわからないうえに、すぐに応対できないため、電話対応が不便です。
また、メッセージやメール、LINEの通知も閉じたままでは気づきにくいため、返信が遅れてしまう場合があります。

*熱がこもりやすい

スマホ全体がカバーで覆われているため、長時間の使用により端末に熱がこもると、冷えるのに時間がかかります。
熱がこもった状態はバッテリーの劣化を早めるので、長時間スマホを使用する方は具体的な熱対策を知っておくと良いでしょう。

*カメラが使用しづらい

カバーが閉じられているため、折りたたんだままでは撮影できません。
いざ撮影する時にもたつくため、シャッターチャンスを逃してしまう場合もあります。
また、撮影する際は、カバーの見開き部分が邪魔になるため、片手での撮影は難しいでしょう。
撮影をするときに両手が必要になるので、不便に感じる方が多いようです。

□まとめ

今回は、手帳型スマホケースの欠点についてご紹介しました。
手帳型スマホケースの購入の際は、この記事を参考にしてみてください。
手帳型スマホケースはいくつかの欠点があるものの、機能性の高さから多くの人に支持されています。
気になる方は、実際に一度使用してみてみるのも良いでしょう。
当社は、スマホケースの専門店です。
豊富なデザインの手帳型スマホケースを取り扱っております。
購入をご検討の方はぜひ一度当社のホームページをご覧ください。
ご注文は24時間受け付けております。

【手帳型スマホケース】カード入れの活用方法を紹介します!

「手帳型スマホケースのカード入れってどうやって使えば良いの?」
「カード入れのおすすめの使い方を知りたい」
デザインの豊富さと機能性の高さからとても人気がある手帳型スマホケース。
ケースカバーに付いている「カード入れ」の使い勝手が良いことから、手帳型スマホケースを使う方が多くいらっしゃいます。
せっかくだから、手帳型スマホケースのカード入れを上手に活用したいと考える方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、手帳型スマホケースのカード入れの活用方法についてご紹介します。

□カード入れに何を入れるか

*交通系ICカードや定期券

よく使う交通系ICカードや定期券を入れておけば、バスや電車の利用の際に便利です。
パスケースが不要になるので、かばんからパスケースを探す手間が省け、スムーズに乗り降りできます。

*コンビニで使える電子マネー

電子マネーが使えるカードを入れるのもおすすめです。
日ごろよく行くコンビニでもスムーズに支払いができるでしょう。
スマホ1つで手軽に買い物を済ませられます。

*運転免許証

車でのお出かけの際に運転免許証を忘れてしまい、取りに帰る羽目になった経験がある方がいらっしゃるのではないでしょうか。
手帳型スマホケースのカード入れに運転免許証を入れておけば、いざ運転をするときに運転免許証がないと困ることもありません。

*ポイントカード

ポイントカードが増えてくると、財布の中でかさばってしまいますよね。
よく行くお店のポイントカードを入れておくのがおすすめです。
ポイントカードを探す手間が省け、スムーズに買い物ができます。

*現金

お札を3つ折りにすれば、手帳型スマホケースのカード入れに入れられます。
現金を入れておけば、クレジットカードや電子マネーに対応していない支払いの際も安心です。

*チェキや写真

小さめにカットしたチェキや写真も入れられるでしょう。
家族との思い出の1枚を入れてみてはいかがでしょうか。
写真をカード入れに入れて、思い出を持ち歩くのも素敵です。

□まとめ

今回は、手帳型スマホケースのカード入れに活用方法についてご紹介しました。
手帳型スマホケースはカード入れには、様々なものを入れられます。
ご自身のライフスタイルに合わせて使うと良いでしょう。
この記事を参考にして、手帳型スマホケースのカード入れをうまく活用してみてください。
当社は手帳型スマホケースの専門店です。
豊富なラインナップの商品を取り揃えております。
手帳型スマホケースの購入をご検討の方は、ぜひ一度当社のホームページをご覧ください。
ご注文は24時間受け付けております。

スマホが熱くて困っている方必見!手帳型スマホケースの熱対策について紹介します

「手帳型スマホケースはスマホに熱がこもって困る!」
「手帳型スマホケースの熱対策は何をすればいいの?」
このようにお悩みの方がいるのではないでしょうか。
手帳型スマホケースは全面をカバーするため、スマホの露出が少なくなり、熱がこもりやすいです。
スマホが熱を帯びているまま放置すると、スマホにダメージを与えてしまうことをご存知でしょうか?
スマホを長く使い続けるためには正しい対処が必要です。
そこで今回は、手帳型スマホケースを使う際の熱対策についてご紹介します。

□熱ダメージがスマホに悪影響に及ぼす

スマホの熱に最も影響を受けるのはバッテリーです。
ほとんどのバッテリーはリチウム電池を使用しています。
しかし、リチウム電池は熱に弱い性質を持っているため、端末の熱によってダメージを受け、スマホの劣化や故障につながります。

□具体的な熱対策

*電源を切る

スマホの電源を切り、本体の稼働を停止させるのが一番効果的です。
また、スマホをケースからはずせば、熱を即時的に逃せます。
特に、手帳型スマホケースは全面がカバーされているので、熱がこもりやすいです。
手帳型スマホケースをお使いの方は、時々スマホをケースからはずして熱を逃してあげましょう。

*長時間の利用を避ける

長時間ゲームをしたり動画を視聴したりすると、スマホを動かすエンジンであるCPUに大きな負荷がかかります。このとき、CPUが活発に動き熱を生み出します。
長時間スマホを使用する際は、時々スマホを休ませましょう。

*ながら充電をしない

スマホを充電するとき、バッテリーは通電しているため、必然的にスマホが熱を発します。
充電をしながらスマホを操作すると、バッテリーに負荷がかかるため、さらに熱を生み出してしまいます。充電をしている際は、極力スマホの利用を控えましょう。

*バックグラウンドアプリを消す

アプリを使用していてやめるとき、ホームボタンを押してそのままホーム画面に戻っていませんか?
この状態は、表面的にはアプリは起動していないように思われがちです。
しかし、アプリは完全には終了しておらず、いつでも使用を再開できるように待機した状態になっています。
複数のアプリが起動している状態は、CPUへの負荷が大きく、発熱の原因となります。
使用し終わったアプリはこまめに消すように心がけましょう。

□まとめ

今回は、手帳型スマホケースの熱対策についてご紹介しました。
スマホの熱は端末にダメージを与え、スマホの劣化や故障につながります。
手帳型スマホケースは熱がこもりやすい構造になっているので、熱対策が特に大事です。
ぜひこの記事を参考にして、スマホの熱対策をしていきましょう!
                   

【手帳型スマホケース】全機種対応ってどんなもの?メリット・デメリットを解説!

「手帳型スマホケースが欲しいけれど、自分の機種に対応しているものが少ない」
「全機種対応の手帳型スマホケースっていったいどんなもの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
スマホの機種はたくさんあるのに、なぜ全機種対応ができるのだろうと、不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、全機種対応の手帳型スマホケースの仕組みと、そのメリットとデメリットについてご紹介します。

□全機種対応の手帳型スマホケースの仕組み

*スマホの固定方法

全機種対応の手帳型スマホケースのサイズには、S、M、L、LLがあります。
粘着シートでスマホを固定するため、ケースのサイズに収まれば、どんな機種のスマホでも対応できます。

*機種によって異なるカメラホールに対応できる

当社では、お客様のカメラレンズの位置に合わせたカメラホールをケースに開けます。
そのため、気に入ったデザインの手帳型スマホケースを選んでいただければ、全機種に対応できます。

□メリット

*機種を変更しても同じケースが使える

機種変更をするたびに、ケースを買い替える必要がありません。
そのため、全機種対応の手帳型スマホケースは、よく機種変更をする方やプレゼント用に向いています。

*デザインに妥協することなく好きなものを選べる

好みのデザインのスマホケースが自分の機種に対応していなかったら、とても残念ですよね。
全機種対応の手帳型スマホケースならば、機種に関係なく、好みのデザインのスマホケースを選べます。

□デメリット

*粘着力が落ちてくる

スマホを固定する粘着シートは、1年程度で粘着力が落ちてくるため、買い替えが必要です。
そのため、同じケースを長く使いたい方には向いていないかもしれません。

*カメラホールの位置でデザインのイメージが変わることがある

機種に合わせてカメラホールを開けると、デザインのイメージが変わる場合があります。
特に絵柄や模様が入った製品の場合は、あらかじめご自身のカメラホールの場所を確認し、カバーのどの部分カメラホールが開けられるのかをイメージしたうえで購入することをおすすめします。

□まとめ

今回は、全機種対応の手帳型スマホケースについて、そのメリットとデメリットについてご紹介しました。
全機種対応の手帳型スマホケースは、機種変更をよくする方や知人のプレゼントに欲しい方にとても便利です。
当社で取り扱っている手帳型スマホケースは、注文を受けてから手作業で作成し、お客様の機種のカメラレンズに合わせたカメラホールを開けます。
あなたのスマホに合った手帳型スマホケースを作ってみませんか?
全機種対応の手帳型スマホケースをご検討中の方は、ぜひ一度当社のホームページをご覧ください。
ご注文は24時間受け付けております。

手帳型スマホケースの購入を検討中の方必見! スマホの固定方法についてご紹介します

「手帳型スマホケースを買いたいが、スマホの固定方法が色々あってよくわからない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
手帳型スマホケースはスマホの固定方法がいくつかあるので、どれが正しいのか迷いますよね。
毎日使うスマホケース選びは慎重にしたいものです。
そこで今回は、手帳型スマホケースの固定方法についてご紹介します。

□手帳型スマホケースの固定方法は三つ!

*クランプで固定する

手帳型スマホケースで最も多く採用されているのが、プラスチック製のハードケース(クランプ)にスマホをはめこむタイプです。
このタイプはスマホがしっかりと固定されるため、操作性に優れています。
しかし、クランプのサイズによって使える機種は限定されるので、機種変更をすると同じスマホケースを再利用できない可能性があります。

*カバー素材で固定する

クランプタイプに次いで多いのが、カバー素材を使用してスマホを固定するタイプです。
このタイプは、全体のデザインに一体感があります。
しかし、クランプで固定する方法に比べて固定がゆるいため、スマホがぐらつきやすいです。

*粘着シートで固定する

最近の手帳型スマホケースで多いのが、粘着ジェルシートを使用してスマホを固定するタイプです。
このタイプは、スマホカバーに収まる大きさのスマホであれば、機種を限定せずに使えます。
そのため、対応するケースカバーが比較的に少ないAndroidユーザーにとってうれしいタイプの固定方法です。
粘着ジェルシートの粘着力はかなり強いので、スマホを振ったり落としたりしても剥がれ落ちる心配はありません。
粘着力が弱まってきたときは、粘着部分を水で洗って乾かせば、再び粘着力が復活します。
たたし、粘着ジェルシートは1年程度で劣化します。
定期的に買い替えましょう。

□まとめ

今回は、手帳型スマホケースの固定方法についてご紹介しました。
手帳型スマホケースは機能性が高く、おしゃれなデザインのものが多いので、高い人気を集めています。
手帳型スマホケース選びでお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして、自分にライフスタイルに合う固定方法のスマホケースを見つけてみてください。
当社は手帳型スマホケースの専門店です。
店頭でお好みのデザインの手帳型スマホケースが見つからない方は、ぜひ一度当社のホームページをご覧ください。
豊富なラインナップの商品を取り揃えているので、きっとお気に入りのスマホケースが見つかるはずです。
ご注文は24時間受け付けております。

手帳型スマホケースが外せなくて困っている方必見!簡単に外す方法をご紹介します

「手帳型スマホケースからスマホが外せなくて困る!」
「手帳型スマホケースからスマホを外す方法を知りたい!」
手帳型スマホケースからスマホが外せなくなってお困りの方はいらっしゃいませんか。
手帳型スマホケースは機能性が高く、多くの方が使用しています。
しかし、手帳型スマホケースを交換をする際に、ケースからなかなか外れず苦労することが多いようです。
そこで今回は、手帳型スマホケースからスマホを外す方法をご紹介します。

□クランプタイプの外し方

手帳型スマホケースは、前面にカバーがあって持ちづらいので、クランプタイプのものは、外すのにとても苦労するようです。
力づくでも外れないときは、道具に頼りましょう。

*カードを使用する

スマホケースとスマホの間にカードを差しこみ、カードを動かして外します。
このときにカードに傷がつく可能性があるので、使わなくなったポイントカードを用意するのが良いでしょう。薄くて柔らかいカードが最適です。

*スマホリムーバーを使用する

薄いへら状の、スマホをケースから外す専用の道具を使います。
柔らかい素材で作られているので、スマホに傷がつく心配もありません。
入れ込みやすいところを探し、スマホを押し出すようにして外します。

□粘着シートタイプの外し方

粘着シートタイプの手帳型スマホケースの場合、ドライヤーを使ってスマホを外します。
スマホ背面にドライヤーを当てて接着部分を柔らかくし、ゆっくり粘着シートをはがしましょう。
必要ならば、はさみやカッターを利用して切り離します。

□万が一傷をつけたときの対処法

取り外しの際に、スマホに傷をつけてしまうことがあるかもしれません。
そんなときの対処の仕方をぜひ知っておきましょう。
スマホの傷消しに効果的なのは、キッチン回りの掃除でよく使われる重曹です。
重曹2:水1の割合で混ぜてペースト状にし、柔らかいクロスや布につけて、傷部分を優しくこするように磨きます。
これだけで、傷があっさり消えます。
重曹の代わりに、ベビーパウダーを使ってもかまいません。

□まとめ

今回は、手帳型スマホケースをケースから外す方法についてご紹介しました。
手帳型スマホケースからスマホが取り外せなくてお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
手帳型スマホケースを購入する際は、取り外しづらいものを避け、ケースの素材に注意して選びましょう。
当社でスマホケースの専門店です。
豊富なラインナップの手帳型スマホケースを取り扱っております。
手帳型スマホケースの購入をご検討中の方は、ぜひ一度当社のホームページをご覧ください。
ご注文は24時間受け付けております。

手帳型ケースにカビ⁈人体への影響は?カビ対策もご紹介!

「スマートフォンの手帳型ケースの購入を検討している!」
「でも、手帳型ケースにはカビが繁殖するってホント?」
現代では、スマートフォンの普及が進み、スマートフォンのケースも多様化しています。
その中でも、手帳型ケースは人気のタイプです。
しかし、手帳型ケースにはカビが繁殖する可能性があることをご存じでしたか?
カビが生える原因や、それに対する影響を確認しておきましょう。
そこで今回は、手帳型ケースにカビが生えたときの影響について詳しくご紹介します。

□なぜカビが生えるのか

そもそもなぜ、手帳型ケースにはカビが生えるのでしょうか?
手帳型はその構造から、ケースの内側にほこりがたまりやすいです。
そこに雨や汗などの水滴が付着することでカビが繁殖します。
カビは、梅雨の時期など涼しい時期に繁殖しやすいです。

□カビが生えることによる影響

手帳型ケースにカビが繁殖しやすいということは理解していただけたでしょうか。
そこで次に、気になるのがカビの繁殖による人体の影響ですよね。
一言でいうと、手帳型ケースのカビは、人体への影響はありません。
カビが人体に影響を与える場合は、体内に取り入れたときとされています。
そのため、接触するだけでは特に影響はありません。

□カビが生えないための対策

カビが人体に影響を与えないことは説明しました。
しかし、カビと聞くといい気分にはなれませんよね。
スマホケースは日常生活でよく使うものです。
できれば、カビが生えないように対策したいという方もいらっしゃると思います。
そのため、カビが生えないための対策をご紹介します。

*頻繁にスマホをケースから外す

手帳型ケースを使っている人の多くは、スマホをケースから外さないという方が多いでしょう。
しかし、外さないと、ケースの隙間にほこりがたまっていきます。
そのため、頻繁にケースから外してほこりがたまることを防ぎましょう。
ほこりがないことでカビの繁殖もおさえられます。

*ケースの掃除

毎日ケースから取り出すのが面倒くさいという方もいるでしょう。
そういった方は、月に一回ほど、ケースの掃除をしましょう。
スプレーなどで汚れを除去するのが効果的です。
ウェットティッシュなどで汚れを拭き取るのもおすすめです。

□まとめ

今回は、手帳型ケースにカビの繁殖による影響に関してご紹介しました。
カビが繁殖する原因と対策について理解していただけたでしょうか。
手帳型ケースの購入を検討している方は、特に注意してください。
当社では、スマホケースに関するご相談を随時受け付けております。
ご不明な点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください

手帳型ケースにストラップを付けたい!ストラップホールの開け方をご紹介!

「手帳型ケースにストラップホールを開けたい!」
「ストラップホールの開け方について紹介してほしい!」
手帳型ケースを使っていても、スマホを落として画面が割れることがありますよね。
そういった方には、ストラップをつけることをおすすめします。
しかし、購入したケースにストラップホールがなく、ストラップを付けることを諦めていませんか?
ストラップホールは購入後に、作成することが可能です。
そして、ストラップを付けることで、スマホの画面割れを防ぎましょう。
今回は、手帳型ケースにストラップホールの開ける方法について詳しくご紹介いたします。

□ストラップの効果

最近、ストラップの人気が急上昇しています。
アイデアを駆使したさまざまなアイテムも販売されています。
ストラップだけでも、無数の種類があります。
ストラップが人気になった理由は、スマホの普及が進んだことが挙げられます。
ほとんどの人がスマホを使う中で、スマホを落として画面が割れたり、故障したりする事案が多く発生しました。
そこで、ストラップを付けることで落下防止につながるため、使用者が急増したのです。

□ストラップホールの開け方

ストラップホールがないケースにも、ストラップを付けたいという方がいらっしゃると思います。
そこで、ストラップホールの開け方をご紹介します。
ストラップホールの作成には以下の方法があります。

*スマホケースに穴をあける

スマホケースに穴を開けるために用意するものは、穴あけパンチのみです。
穴あけパンチは簡単に穴を開けられる便利な道具です。
まず、ケースの穴を開けたいところに目印を書きます。
そこに穴あけパンチを設置して、持ち手を握るだけです。
穴のサイズもパンチで決められます。
付けたいストラップに合わせて、適切なサイズの穴を開けましょう。

*ハトメを使ってストラップホールを作る

皆さんは、ハトメとは何かご存じですか?
ハトメは、布や紙開けた穴が破れないように、補強するためのリング状の金具です。
一般的に、スニーカーのひもを通す穴などに使われています。
これを付けることで、ストラップホールを補強できます。
ハトメは、部品とセットで販売されています。
比較的安価ですし、ストラップホールを作るのに最適です。

□まとめ

今回は、手帳型ケースにストラップホールを開ける方法をご紹介しました。
ストラップホールの開け方は理解していただけたでしょうか。
当社では、さまざまなスマホアイテムを取り扱っております。
ご不明な点がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。
お客様を全力でサポートいたします。

手帳型ケースの留め具にはどんなものがあるの?種類ごとにポイントをご紹介!

「スマホのケースを手帳型ケースにしようと思っている!」
「手帳型ケースの留め具にはどんな種類があるのか紹介してほしい!」
手帳型ケースの留め具だけでも、いろいろな種類があります。
留め具の種類には、それぞれどんなポイントがあるのか知りたいですよね?
それぞれの留め具が、どういったものか一つ一つ見ていきましょう。
今回は、手帳型ケースの留め具の種類について詳しくご紹介いたします。

□留め具の有無による違い

手帳型に、留め具を付けるか付けないかは、手帳型ケースにどういう機能を求めるかによって決まります。
そこで、留め具を付けることで生まれるメリットとデメリットを説明します。
留め具の一番のメリットは、確実にスマホを保護できるということです。
また、カードを収納している方なら、カードを落とす危険性も少なくなります。
手帳型ケースを財布代わりとして使いたい方は、留め具の取り付けをおすすめします。
それに対して、デメリットは、スマホの開閉がしにくいという点です。
すぐに、スマホを操作したいと思ったときに、留め具を外す作業が必要です。
気になる方は少ないと思いますが、多少サイズが大きくなることもデメリットの一つです。
小さなポケットに入れたい方は、ケースの大きさにも注意しておきましょう。

□留め具の種類

*ベルトタイプ

その名の通り、手帳型ケースにベルトが取り付けられています。
しっかりとベルトでとめることで、手帳型ケースを固定します。
手帳型ケースを固定することで、ケースが勝手に開いたりすることはありません。
そのため、スマホの画面を保護するのにも便利です。
手帳型ケースの内側にカードを入れている場合、カードを落とす危険性も減少します。
しかし、ベルトタイプはデメリットがあります。
すぐに、スマホで確認したいことがあっても、ベルトのせいで開けにくいという点です。
そのため、仕事でもよくスマホを使う方には不便かもしれません。

*マグネットタイプ

マグネットで手帳型ケースの開閉をするものです。
磁力により、簡単に手帳型ケースの開閉ができます。
デメリットを挙げるなら、ベルトタイプほどケースを固定できません。
少しの衝撃で簡単に開きます。
そのため、手帳型ケースに重要なカードなどを入れる方には不向きです。

*ボタンタイプ

ボタンタイプとベルトタイプの機能性の差はほとんどありません。
ケースをしっかりと固定できますし、スマホの保護力もあります。
しかし、ボタンは劣化する可能性があります。
長期間の使用で、ボタンがはまらなくなる可能性も考慮しておきましょう。

□まとめ

今回は、手帳型ケースの留め具の種類についてご紹介しました。
それぞれの留め具のポイントはご理解していただけたでしょうか。
大切なのは、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶということです。
自分にぴったりのケースを見つけてください。
当社では、全機種に対応できるように、数多くのスマホケースを取り扱っております。
スマホケースに関して、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

手帳型ケースの吸盤がつかない!吸盤の吸着力を取り戻す方法をご紹介!

「手帳型ケースを購入したが、ケースの内側にある吸盤がつかなくなった!」
「吸盤がつかない場合の対処法について紹介してほしい!」
手帳型ケースの内側に吸盤があるものを使っている方も多いと思います。
しばらく使っていて、吸盤がつかなくなったなどという経験はありませんか?
吸盤は使うたびに機能性が劣化していきます。
しかし、吸盤はある方法を使うことで復活させられます。
そこで今回は、吸盤がつかなくなった場合の対処法について詳しくご紹介いたします。

□吸盤のメリット・デメリット

吸盤にはメリットとデメリットがあります。
それぞれについてご紹介します。

*メリット

吸盤を使ったスマホケースの一番のポイントは、全機種に使えるということです。
スマホケースの型が決まっていると、それに対応する機種しか使えません。
しかし、吸盤型のケースにスマホの機種は関係ありません。
そのため、スマホの機種変更をしても、ケースを変更する必要がなくなります。
吸盤もかなり強力なものです。
そのため、スマホが落ちる心配もありません。

*デメリット

スマホの背面に吸盤の跡がつくことがデメリットです。
また、吸盤が劣化していくと、スマホが落ちてしまうこともあります。

□吸盤がつかない場合の対処法

吸盤は使うたびに劣化していきます。
その際の対処法についてご紹介します。
対処法には以下の3つが挙げられます。

*吸盤とスマホの掃除

吸盤やスマホの背面にほこりなどが付着していると、吸盤がつきにくいです。
まずは、吸盤の汚れを拭き取りましょう。
その際に、スマホの背面も拭いておくとより効果的です。

*吸盤を温める

吸盤は使っていると、形が変わることがあります。
形が変わってしまった際の対処法が、熱を使う方法です。
吸盤をお湯やドライヤーで熱することで、形を戻せます。
形が戻ることで、吸着力も復活します。
しかし、温めすぎると吸盤が溶ける可能性もあるので、注意しましょう。

*吸盤接着用シールを使う

スマホの背面に吸盤接着用シールを貼ることもおすすめです。
シール自体も安価ですし、吸着力も強力です。
また、シールを貼ることでスマホの保護にも効果的です。
シールを使う際は、はがしやすいものにしましょう。
そうすることで、もし貼り方を間違えても簡単に貼りなおせます。

□まとめ

今回は、吸盤の吸着力が劣化した場合の対処法についてご紹介しました。
吸盤は、定期的にケアすることで長期的に使えます。
もし吸盤の劣化を感じた場合は、ご紹介した方法を試してみてください。
当社では、スマホに関するさまざまなアイテムを取り扱っております。
ご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。